スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング参加中、クリックにて応援お願いします!にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

デモンズブレイゾン 購入


スーパーファミコンソフトのデモンズブレイゾンを購入。
カプコンの人気シリーズ「魔界村」に登場するモンスター「レッドアリーマー」が主人公のアクションゲーム。
レッドアリーマーが主役のタイトルは、
ゲームボーイのレッドアリーマー魔界村外伝、
ファミコンのレッドアリーマーIIに続いて3作目。
いちアクションゲームのザコキャラでありながら
その存在感と人気の高いレッドアリーマーは、
魔界村以外のタイトルの「魔界島」や
格闘ゲームの「ULTIMATE MARVELvsCAPCOM3」の他に、
SNK社製の格闘ゲーム「SNKvsCAPCOM」や
ナムコ社制の「NAMCO×CAPCOM」などの他社とのコラボ作品に
カプコンキャラの代表のひとり(?)として登場しています。



カートリッジ裏側。
裸ソフト状態ですが、状態はなかなか良い方だと思います。

某ネットオークションで、まあまあ安価で出品されていて、
「どうせ落札できないだろうけど」と、とりあえず入札しておいたら
そのまま落札してしまったという。
裸状態でもかなりいいお値段ですが、
箱付で美品となるとかなりの高額で取引されているソフトです。
そうそう手は出せません。


ゲームボーイやファミコンのレッドアリーマーでは、
初期状態だとホバリング(空中に留まったり一定高度で横移動する動作)に時間制限があり、
ゲームの進行状況によって伸びていく仕様でしたが、
デモンズ・ブレイゾンでは最初からホバリングし放題という。
おかげで、初っ端からかなり自由度が高く感じられます。
最も、そういう仕様が前提でステージ構成されているので、
決してヌルいという訳ではありません。
私はまだ序盤しかプレイしていませんが、
むしろ難易度はかなり高い部類らしいです。
まあ、魔界村シリーズ派生の一つですから、想定内ではありますが…


このゲームの特徴を語るうえで、グラフィックの美しさを避けられません。
ドットグラフィックに定評のあるカプコン社製で、
そのグラフィックはゲーム史上最高峰と言えるのではないでしょうか。
ただ、世界観がアレなので(魔族により人間は滅びている)全体的に暗く、
グロい敵も登場することから、人を選ぶグラフィックであるとも言えます。


ちなみにこのゲームは、
コンティニューを行うのはパスワード式となっています。
ゲームボーイとファミコンのレッドアリーマーと同様です。
ファミコン時代からRPGもバッテリーによるセーブが当たり前になって、
スーパーファミコン時代ではアクションゲームでもセーブが導入されるようになった中で
スーパーファミコン末期に発売されたゲームとしてはやや不親切ではあります。
個人的には、20年経過した現在でも電池切れの心配なく
ゲームプレイできるのでパスワード式万歳!と思いますけどね。


積みゲーが多くある中で、早くプレイしてみたいソフトであります。
ただ、楽しみであればあるほど、勿体なくてプレイを後回しにしてしまうという
自分でもよくわからない性格なんですよね。
まあ確かにアレです、食事の最後のひと口は好きなもので締めたいと思うタチです、はい。





ブログランキング参加中、クリックにて応援お願いします!にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
スポンサーサイト

サターン版 悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲 購入


セガサターンの「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」を
売っているのを見つけたので、つい購入してしまいました。
購入店舗はいつもの如くブックオフであります。
帯が付いていることは確認できましたが、
他の部分についてはわからないのが難点ですね。
店員さんに頼めば中身を確認させてくれるかもしれませんが、
いちいちお願いするのも面倒くさいし…
高い買い物だったから、手間を惜しまずに頼むべきではあったかな。

ちなみに、購入価格は4,950円でした。
ディスクがレジ内管理なので会計時にラベルは剥がされてしまいましたが…
定価超のプレミア価格でありますが、
そもそもこのソフトはPS版の廉価版発売後の発売となったためか、
定価が3,800円と最初から安価に設定されております。



中古品として地味に重要な、アンケートハガキも無事付いていました。
ケースはヒビや割れなどの大きなだめーじはありませんでしたが、
細かい傷はほどほどにありまして中古品としては並といった感じでしょうか。



ディスクは特に目立つ傷もなくよい状態でした。
説明書はあまり使用感もなく比較的よい状態でしたが、
裏表紙はちょっと皺っぽくなっていました。ちょっと残念。


月下の夜想曲は、兄が購入したプレイステーション版をプレイしていた記憶があります。
多くの悪魔城シリーズのファンが感じたと思いますが、
「悪魔城ドラキュラ」と言えば面クリア型のアクションゲームという思い入れがあったので、
探索型のアクションゲームということに最初は違和感が強かったのですが、
プレイしているうちにハマってコンプクリアするまでに至りました。

月下の夜想曲は廉価版で再販されたり、配信されたりしていますが、
すべてプレイステーション版が元となっているので、
サターン版独自の追加要素はサターンでしか体験することができません。
しかし、ゲーム自体の出来としては、
PS版の方がよろしいようです(特にグラフィック関連)。
PS版はプレミアってほどでもないけど、
PSソフトとしてはそこそこいいお値段で売られているようです。
(ブックオフだと1,950円)


サターン、しまいっぱなしなんですけど、
起動確認する必要もあるし引っ張り出してこないといけません。
こういうときにエミュレータとかあると便利なんですけど、
サターンのハード設計が結構複雑で
なかなかエミュレートが実現できないとかどうとかいう話は聞いたことがあります。
ドライブ式のハードは故障とかしやすいんで、
安定してプレイができる環境が整うとユーザーとしてはありがたいんですけどね。

ブログランキング参加中、クリックにて応援お願いします!にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

ルドラの秘宝 購入


スーパーファミコン末期に発売されたスクウェアのRPG。
発売当時プレイしていません、というか存在を知っていたかもあやふや。

当時のゲーム業界はサターンやらプレステやら3DOやらロクヨンやら、
いわゆる次世代機と言われていた機種たちが中心で、
既にスーパーファミコンは時代遅れ的な存在になっていましたから…

私も例に漏れず、次世代機(サターン派でした)にドップリでしたね。
あと、ゲームセンターに入り浸るようになって、
それまでよりも家庭用ゲームを遊ばなくもなった時期でした。

そんな事情もありまして、このゲームについては、
名前は聞いたことあるかな?くらいの認知具合でありました。




でもスーパーファミコン末期のゲームというのは、
今思えば(凄く今更ですが)良作名作に恵まれていますね。
やっぱりメーカーも開発にこなれているんでしょうね、
ハードの性能が遺憾無く発揮されている感じです。
映像面でもスーパーファミコンの特色でもある鮮やかな描写力で
素晴らしいドットグラフィックのものが多数登場しています。

今回購入した「ルドラの秘宝」もドット絵最高峰メーカーの
ひとつだったスクウェアの作品だけあってグラフィックが良いです。
ただ表示が綺麗なだけではなく、アニメーションでよく動きます。
システムも特徴的なものがあったりして、
スーパーファミコン史上最高のPRGとの呼び声も高いタイトルです。
ボリュームがあって、伏線の回収とかなかなか見どころもあるらしく、
プレイするのが楽しみですね。
バックアップ電池の寿命が心配ではありますが…

今回250円で買えましたが、これは比較的掘り出し物で、
相場ではスーパーファミコンソフトとしてはお高めの値段で売られていることが多いです。
手軽にプレイしたいのならば、Wiiのバーチャルコンソールがお手軽です。
電池切れの心配もありませんし。
WiiUでも出てくれるといいんですけどね、どうなんでしょうか。
スクウェア・エニックスは旧スクウェアのソフトについては、
結構意欲的にリリースしている印象があるのですが…




ブログランキング参加中、クリックにて応援お願いします!にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

モンスターワールド コンプリートコレクション 購入


スーパーファミコンソフトを物色する一方、
ついでに探しているソフトがありました。
それが、画像のプレイステーション2ソフト
「セガエイジズ2500 モンスターワールドコレクション」。

タイトル名から察せられるように、セガの過去のゲームを
当時の現行機であるPS2でプレイできるようにしようというシリーズです。
有名どころでは、「ナムコミュージアム」とか、
このブログでも紹介したこともある「オレたちゲーセン族」等と
同趣旨であるといえます。


P1140455.jpg
中の状態は中古としてまあまあで、ディスクも傷もなく綺麗。

P1140456.jpg
ただ、同梱されていたアンケート用紙が、
別のソフトであろうものも混入していました。
付属品が足りないというのは中古ゲームではよくあることですが、
本来入っていないものが入っているというのは何ともめずらしい(そうでもない?)


P1140454.jpg
私にとってモンスターワールドシリーズは、
PCエンジン版の「ビックリマンワールド」が原点です。
結構やり込んだつもりでしたが、クリアには至りませんでした。
続編の「アドベンチャーアイランド」(これもPCエンジン版)も買いましたが、
やはり途中で挫折してそのうち売却してしまいました。

面白かったなという思い出と、クリアできなかった心残りが
今一度プレイしたいという気持ちが強かったです。
そこでプレイするのに手っ取り早いのが
Wiiのバーチャルコンソールで揃えようと考えていました。
モンスターランドのアーケード版から、
その続編はオリジナルのゲームギア版かPCエンジン版、
さらにその続編はメガドライブ版かPCエンジン版を
ダウンロードすることができます。

ただ、そう思い至ったのがちょうどWiiUが発売したあたり。
WiiのバーチャルコンソールはWiiUでもプレイできますが、
いちいちWiiモードにしなくてはならなくて面倒。
どうせならWiiU版の配信が開始したらダウンロードしようと
考えていたのですが、WiiUのバーチャルコンソールの
ラインナップが全然揃わない。
平成26年10月現在、アーケードもメガドライブのソフトも
WiiUのバーチャルコンソールでは配信されていません。

このソフトの購入動機としてもう1点、
モンスターワールド4がプレイしたいという気持ちもありました。
”4”はプレイしたことがなかったのですが、
Wiiのバーチャルコンソールの紹介動画で非常に面白そうだと思いました。
しかし、WiiUではなかなか配信されない…
メガドライブ実機でプレイするという選択肢もありましたが、
現在本体を所有していませんし、ソフトもレアでいいお値段です。
更に、もし無事手に入ったとしても、
バックアップ電池を交換しなければならないかもしれませんし
(スーパーファミコンソフトの電池交換は実行していますが
メガドライブソフトはシール剥がさないといけないしやる気がしない)
あまり現実的ではない、との結論に至りました。

そうなるとあとは、
まだ市場にある程度は流通していて、セーブも問題なくできる、
モンスターワールドコンプリートコレクションを入手する
という選択が一番よいのではないか、と。


このソフト、タイトル名から連想できるように
2,500円(税抜)が希望小売価格です。
売値を確認したところ3,250円で、
ヤクオフ落札相場よりも安かったので
(ヤフオクだとさらに送料負担もあるし)
メーカーの設定した金額よりも高い値段でしたが購入を決意しました。
まあ、悔しいという気持ちがないと言うと、ウソになりますが
仕方がないかなという感じです。

プレイステーション世代以降のソフト(多分ブックオフができた当時以降のゲーム)は一律の基準があるみたいで、
レアソフトはどの店を確認しても同じ価格で販売されています。
なので、掘り出し物を見つけるというのはよほど運が良くないと難しいのではないでしょうか。
それ(プレイステーション)以前のソフトは基準がないものだから、
店舗によってまちまちの価格設定で、市場価格よりも破格のものがあったりしますが…

ゲームボーイアドバンスのFF5や6などは、
多くの店舗で結構な本数を扱っているのを目にしますがどこも同一価格です。
一度価格設定して古い世代となると、よほどじゃない限り修正しないのですかね。
かなり飽和状態なような気がするんですけど、会社的にはアリなんでしょうか。




ブログランキング参加中、クリックにて応援お願いします!にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

スーパーバックトゥザフューチャー2 購入


ブックオフで見つけました。
価格は300円。
ヤフオクではソフトのみでも2,000円以上で落札されておりますので、
相場からするとだいぶ安く買うことができました。

同じ店で、スーパースターウォーズも売っていて、
そっちは1,980円とかなりいいお値段をつけていたのですが、
このソフトについてはプレミア価格にはしなかったようです。
基準とかはお店とか担当者次第なんでしょうけど、
私としては安く買えてラッキーでした。


P1140467.jpg
背面は少し汚れがありますが、
それよりも気になるのがプラスチックの変色。

P1140469.jpg
上から前後を見比べると一目瞭然。
スーパーファミコンカートリッジの背面が変色する現象の原因として考えられるのが、
裸の状態で箱にしまうとカートリッジのプラスチック部分とパッケージの透明のプラスチック部分が接触することで
変色が発生するらしいという話を聞いたことがあります。(新品に付属している透明袋に入れれば問題ないらしい)
プレイしない時は箱にしまう、という律義さが状態の悪化を招くとは、皮肉なものですね。


ゲームの内容はありがちな横スクロールアクションゲーム。
ジャンプすると回転して敵を攻撃することができます。
また、ダッシュをすることで、ソニックザヘッジホッグばりに高速移動します。

また、版権ゲー(キャラゲー)にありがちな、
「原作を題材にする必要性のない」ゲームでもあります。
一応ストーリーは原作に沿っていますが、
ステージについては原作を踏襲している訳でもなく、
ひたすら敵を蹴散らしながらゴールを目指します。
バックトゥザフューチャーである必要がありません。
他にも、何故か2だけがゲーム化されているなど、
突っ込みどころが豊富なゲームでもあります。

テレビ放送も何度もされている人気映画のゲーム化ですが、
溢れるクソゲー臭を抑えることができなかったのでしょうか、
あまり本数が出なかったのですかね、現在ではレアソフトと化すに至りました。





ブログランキング参加中、クリックにて応援お願いします!にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

Utility

PVカウンタ

注目商品

新作予約受付中!

3DS ムジュラの仮面


figma 忍殺 服部半蔵


figma 覚醒ルキナ


figFIX名探偵コナン&figma犯人


SHF タキシード仮面


figma 木之本桜


figma ソリッド・スネーク MGS2ver


SHフィギュアーツ 木之本桜

figma 考える人


S.H.Figuarts 東方不敗


figma シノン


S.H.Figuarts キン肉マン


S.H.Figuarts ウォーズマン


figma 天津風


figma 忍野忍


figma レッドピラミッドシング


figma キリト(再販)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。