スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング参加中、クリックにて応援お願いします!にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

悪魔城ドラキュラXクロニクル サウンドトラック

悪魔城ドラキュラXクロニクルは、
PCエンジンで発売されていた
「血の輪廻」をPSP向けにリメイクしたタイトル。

リメイク版に加え、原作オリジナル版と「月下の夜想曲」も収録されている模様。



悪魔城ドラキュラXクロニクルの発売に際して、
コナミの通販サイト「コナミスタイル」限定で発売されたのが、
このサウンドトラック。
PSP版のアレンジ版はもちろん、原作のPCエンジン版も収録されています。

個人的にはリメイク版とかどうでもよかったんですが(PSP持ってないし)、
血の輪廻のサントラは前から常々欲しいと思っていましたが、
かなりのプレミア状態で手が出せなかったのでこれ幸いと即購入。
人気曲「乾坤の一族」(ステージ1の曲)はもちろんのこと、
ドラキュラ3大名曲と言われる、
「Vampire Killer」「Bloody Tears」「Beginning」がアレンジで使われている点が注目です。


akuxk02.jpg
ディスク1は、リメイク版であるPSP版が主に収録されています。
あんまり…というか、ほとんど聴いた記憶ないです。


akuxk03.jpg
ディスク2は主にPCエンジン版の音源が収録されています。
PCエンジン版はCD-ROMのソフトであり、
大半の音楽がCD-DA音源で収録されているため、
今聴いても決して見劣りしないクオリティです。
その反面、ループ仕様になっていないため、
ステージ途中に曲が終わって最初から再生し直されると
ちょっと興醒めしてしまうことも(特に1曲が短いステージ2ではありがち…てか曲終わる前にクリアできない)。


akuxk04.jpg
パッケージ裏側は収録曲リスト。
アレンジ曲や、月下の夜想曲の曲の一部も収録されています。


ゲームのサウンドトラックは、CDショップではほとんど見かけない時代となりましたね。
そもそも、一般販売されること自体が稀になっている感じです。
自社通販サイトをもっている大手のコナミとか、カプコン、セガなんかは
サイト限定でサントラを販売することが多いですよね。
任天堂はクラブニンテンドーのポイント交換アイテムとしてリリースされることがあります。
あとは発売時の初回限定特典として付属させるとか…
流通が限定されている分、一度売り切れてしまうと入手が非常に困難となりますね。

一方、対象が一般向けでない分、本来ならば商売になりにくいニッチ需要向けのものが
限定とはいえ、発売される可能性があるのは愛好家としては歓迎できる状況なのかもしれません。

最近の流れとしては”配信する”という販売方法もありますね。
売り切れる心配がないものの、
データだけというのはコレクター的には少々寂しく感じるところでもあります。
ただ、”音源が発売されない”というのが一番寂しいですから
手に入れられるだけでも儲けもの、と考えることもあります。

限定にしろ、一般販売にしろ、ゲームサントラは
一度売り切れてしまうと再販される可能性が非常に低い賞品ですので、
気になるものは手に入るうちに手に入れる、それが鉄則ですね。
CDって単品で考えるとそんなに高価なものでもないですけど、
積み重なってくるとかなりの出費となりますので、
その辺悩ましいところでもあるんですけどね。限定だと送料もバカにならない…



スポンサーサイト


ブログランキング参加中、クリックにて応援お願いします!にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://wotaku30.blog.fc2.com/tb.php/379-ad587bcb

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

PVカウンタ

注目商品

新作予約受付中!

3DS ムジュラの仮面


figma 忍殺 服部半蔵


figma 覚醒ルキナ


figFIX名探偵コナン&figma犯人


SHF タキシード仮面


figma 木之本桜


figma ソリッド・スネーク MGS2ver


SHフィギュアーツ 木之本桜

figma 考える人


S.H.Figuarts 東方不敗


figma シノン


S.H.Figuarts キン肉マン


S.H.Figuarts ウォーズマン


figma 天津風


figma 忍野忍


figma レッドピラミッドシング


figma キリト(再販)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。